女性のバストで乳首がぴんと外に出ていない症状を、陥没乳頭・陥没乳首といいますが、これは生まれつきであって特に不都合もないし、と何もしない人はたくさんいます。
確かに普通に過ごすだけでは不都合はないのですが、出産して授乳の時期になると途端に問題になってくるのです。

陥没乳頭は実は「治療」の対象であり、美容と健康、そして機能の全てを守るためには治療をすることがおすすめです。

陥没乳頭とはどんなものか

多くの女性のバストには、隠れた問題があります。
その1つが陥没乳頭であり、これは乳首が中に入り込んでいたり真ん中がくぼんでいる乳首です。出るべきところが出ていないということで、人によっては痛いとかかゆいとかの不快症状があり、授乳の時には乳首が出ていないために赤ちゃんが上手に飲むことが出来ず、放置すれば母乳が腐って乳腺炎を発症してしまう原因となります。

原因となっているのは乳腺と乳菅の発育のアンバランスさです。
指で引っ張っても外には出てこないものを真性と呼び、指で引っ張ればすぐに出てくるものを仮性と呼びます。乳首の見た目が不自然なだけでなく、へこんでしまっている部分に汚れがたまりやすく、雑菌が繁殖しやすいために不衛生な状態になりがちです。
そのため、授乳期でなくても乳腺炎という病気になるリスクは非常に高いのです。

乳腺炎は乳腺、母乳を作る器官が炎症を起こす病気で、放置しておくと正常な部分まで破壊されて激しい痛みを伴います。是非治療していきましょう。

陥没乳頭は治療が出来る

陥没乳頭を治療することによるメリットは、美容と健康、機能の全てが守られることです。

高度な技術と十分な実績を持っている専門医が行えば、手術時間は30分程度と短時間で済みますし、また乳管の切断はしませんので術後も授乳が可能です。また、傷が残りにくいというメリットもあります。
バストトップと傷跡が同化するために目立たず、時間がたつにつれてほぼわからなくなるでしょう。

施術は保険が適用される場合もあり、もし適用されたら自己負担額は45000円程度で済みます。これには条件があり、対象となるのは40歳未満の女性であり、今後授乳の予定がある方です。
陥没乳頭があれば授乳は非常に難しくなりますので、「病気」の治療と考えられ、保険が適用できるのです。最終的には医師の判断に任せることになりますが、乳首が陥没していることで悩んでいるのであれば、とにかく相談してみましょう。
病院を選ぶ際にはアフターケアや定期健診がついているクリニックにしてください。

陥没乳頭の治療の流れとは

クリニックを決めて手術を受けることになったら、以下が一般的な流れとなります。

まずは問診で、看護師や医師による診察があります。患者のバストの状態や本人の希望に基づいて、医師が手術方法を提案しますので、疑問や質問があればこの時に聞くようにしましょう。手術は局部麻酔でスタートします。
診察時に決めた方法で手術を行いますが、時間は約30分ほどです。ダウンタイムが必要ですので手術後30分はリカバリールームで安静にしてください。入院をする必要はありませんので、安静にして医師のOKが出たら帰宅できます。
公共機関を使っての移動も可能ですし、帰宅後24時間は万が一のための緊急サポート体制をしいているところが多いです。

経過観察は病院によって違いますが、2週間後・1か月後・半年後というところが多いでしょう。
良心的なクリニックでは定期健診も予定に組み込んでくれ、授乳の相談やガン検診なども同時に済ませることができます。

放置した末になる乳腺炎とは

乳腺炎になる授乳期の母親は2割ほどですが、一度なってしまうと「痛い」「かゆい」「高熱も出る」という3重苦を味わう病気です。
うっ滞性と化膿性の2種類がありますが、乳腺に母乳が詰まって炎症を起こすのがうっ滞性、乳腺に細菌は入り込んで炎症を起こした場合が化膿性です。
症状はそれぞれに、バストが腫れる、一部にレンガが入っているかのようなしこりが出来る、脇の下のリンパが腫れたり激しい痛みを伴う、39度近い高熱が出ることや、全身の寒気や震え・倦怠感などに襲われるです。
最初に、何かおっぱいが痛いな、と思ったりかゆいな、と思うことから症状に気づく人が多いですが、悪化すればバストがパンパンに腫れあがり、岩のように硬くなります。高熱がでますが授乳はやめられず、強烈な痛みがあるので眠ることも出来ません。

激しい痛みを伴いますが、母乳を出し切ることが対処法となります。泣きながらでも手絞りで母乳を全て出してください。
そして冷却ジェルなどで冷やして熱をとります。高熱が出ている場合は、真っ先に病院へいきましょう。

まとめ

陥没乳頭は日常生活をこなす上では邪魔になりませんので気が付きませんが、「治療」の対象である病気です。
アンバランスに育ってしまったことが原因ですが、放置しておけば乳腺炎など非常な苦しみが出る病気になってしまうことがありますので、病院での治療をおすすめします。

手術を受ける必要がありますが、条件にかなえば保険も適用されますし、30分程度で終わり傷跡はさほど目立ちません。

陥没乳頭に関して参考にしたHP