ぺニス増大はサプリメントよりクリニックがおすすめ?クリニックの料金相場とは

ペニスが小さくて気になる男性は多いですが、その理由は他人の目を気にしているからです。
ペニスが小さくても、日常生活で困る事はありません。
しかし、女性と性行為をする場合にはペニスが小さいと満足できないと思われがちです。
実際には、生経験が多い女性や年配の女性ほど大きなものを好みますが、若い女性を相手にする場合はそれほど大きくなくても構いません。
逆に大きすぎると女性が引いてしまうでしょう。

いずれにしても、将来を考えれば少し大きくした方が良いかもしれませんが、その時にはぺニス増大のサプリメントや手術などをしてみると良いです。

ぺニス増大のサプリメントの効き目はどうか

ぺニス増大をしようと考えている場合、まずサプリメントが目につくはずです。
インターネットでぺニス増大に関して調べてみると、多くの場合サプリメントの広告が目に入ります。
そこで実際にそのような広告を見てドラッグストアなどに買いに行くかもしれませんが、ドラッグストアではそのような商品が売られていません。
基本的にぺニス増大サプリメントがあるとすれば、インターネット上の個人輸入になるはずです。
なぜ個人輸入かと言えば、日本国内で販売することは禁止されているからです。

ちなみに個人輸入とは、海外で個人的に輸入する方法になります。
そのため、最終的に自分が何かトラブルに巻き込まれた場合は自己責任となることを知っておきましょう。
ただし、有名な会社と取引をする場合には、トラブルに巻き込まれたからといってそれほど問題ありません。
なぜなら、トラブルに巻き込まれたとしてもしっかりとしたマニュアルがあるからです。

では、サプリメントの効果はどうでしょうか。
効果に関しては、クリニックなどに行きペニスを大きくするときに比べるとはっきりと分かりにくいものがあるかもしれません。
なぜなら、サプリメントは薬では無いからです。
あくまで体質改善のものであるため大きくなるにしても限界があります。

ぺニス増大とするならばクリニックが良い

本格的にペニスを大きくしたい場合には、クリニックに通うのが良いでしょう。
ぺニス増大を専門的に行っているクリニックもあるほどです。
ただ、実際に通院するとすれば料金が気になるはずです。
サプリメントを購入する場合は1月当たり1万円前後になりますが、クリニックに通うとなると1回あたり100,000円から300,000円になります。
もっとも、通うといっても1回手術をすれば終わりでありそれ以上お金がかかる事は考えにくいです。
そうすると、サプリメント20回分来週は30回分の料金になります。
これが果たして安いかどうか問題になりますが、ある意味で安いと言えるかもしれません。

クリニックでペニスを大きくする場合には、シリコンを入れる方法が考えられます。
シリコンを入れる方法を利用すると、150,000円位のお金がかかることも少なくありません。
シリコンとは、体内に入れても肌が吸収しないためそのままずっと残るものです。
もしこれを注射を使っている場合は半永久的にペニスの中に残るため、何度もサプリメントを信頼もその後お金はかからないといえます。
腕の良い所で行わなければ形が変になってしまうケースもあるでしょう。

ヒアルロン酸を注入する場合の注意点

クリニックでは、ヒアルロン酸を注入する方法があります。
例えばクリニックのホームページを見た場合、ヒアルロン酸を注入する方法の料金を見てみると、シリコンの料金よりも安いことが理解できます。
それならば、ヒアルロン酸を注入した方が良いと言えるかもしれません。
確かに料金としてはシリコンよりも安くできるのは間違いないところです。
しかしヒアルロン酸の場合には、1つ欠点があります。
それは時間の経過とともに体内で吸収してしまうため3ヶ月から半年も経過する頃には、ほとんど何もなくなっていることです。
つまり、元の状態に戻ってしまうことを意味しています。

そうすると、半年程度ならば良いですがそれ以上の時間が経過したときには、注射を打っていないのと同じ状態に戻り満足度は少なくなるでしょう。
もし一時的に陰茎を大きくしたいならば別ですが、これから生涯にわたり性行為をする時大きい状態を維持したいとするならばこの方法は妥当ではありません。

腕の良いクリニックに行かなければ、塊が残ってしまうこともあります。
ヒアルロン酸は基本的にですが体内で吸収されるものの実は塊になっている部分に関しては吸収される事はありません。
そうすると、陰茎に残ってしまい外から見てもわかりやすくなります。
これを避けるためには、過去の実績などをよく見ておくことが必要です。

まとめ

ぺニス増大をする場合には、サプリメントを使う方法が考えられます。
サプリメントを使う方法は、効果が出にくいと言えるでしょう。
なぜなら、サプリメントそのものは身体を改造するためにあるわけでは無いからです。
薬とは異なり外部の力ではなく自分の細胞に働きかけるため、大きくするにしても限界があるといえます。

もし不安な場合には、クリニックに通うのが良いかもしれません。
クリニックの場合には、ヒアルロン酸の注入やシリコンの注入をすることが考えられます。
ヒアルロン酸を使うと時間の経過とともにそのものが溶けてしまいますが、その分安いです。
一方シリコンは溶けにくいものの料金が高いです。