へこんでいる乳首や真ん中がくぼんでいるような乳首を陥没乳頭と言います。
原因として乳腺と呼ばれている母乳を作る器官や、乳管と呼ばれている母乳が通っている管の発育のアンバランスが考えられます。
指で引っ張っても出てこない場合は真性と呼んでいて、指で引っ張ると出てくるものを仮性と呼びますが、女性の中には赤ちゃんに授乳するのが難しいケースもあるので悩んでいる人が多いです。

乳腺炎になるリスクがあります

陥没乳頭は乳首の見た目が不自然で、真性の場合赤ちゃんに授乳ができないケースがあるので注意が必要です。
仮性の場合赤ちゃんに授乳することができることもありますが、へこんでいる部位において汚れが溜まったり、雑菌が繁殖しやすいような状態になることがあります。乳腺炎になるリスクが高くなるので、悩んでいる人が多いです。
乳腺炎は乳腺が炎症を起こしてしまう病気で、そのまま放置しておくと乳腺の正常な部位も破壊されていき、うつ伏せでは寝られないぐらい激しい痛みを伴うこともあるでしょう。寒気がしたり発熱するので、日常生活に支障をきたすこともしばしばです。
膿が溜まると乳房内において膿瘍ができるので、切開して排膿しなければいけません。
赤ちゃんへの授乳の関係もあるので、陥没乳頭は治療しておくことをおすすめします。治療に関して、高度な技術や十分な実績を持っている専門医が行うので安心して利用することが可能です。麻酔を行いすべての処置が終わるまで、手術時間は30分ぐらいでしょう。
乳管を切断しなくてもよいので、手術した後の授乳を行うことが可能です。

短時間で手術を受けることができます

陥没乳頭手術の方法として、一般的に乳首の根元を少しだけ切開し、乳首を外に出すようにします。
傷は目立つことはなく、時間の経過と共に元に戻ることもほとんどないでしょう。手術は高度な技術や専門的な知識が要求されるので、バストに精通した医師のもとで手術することをおすすめします。
治療には保険が適用される場合があり、40歳未満で今後授乳する予定がある人です。陥没乳頭が原因で赤ちゃんに授乳するのに障害がある場合や、授乳が困難と疑われる場合において保険が適用されています。
治療の後、定期的に検診を受けることによってアフターフォローを利用することが可能です。
一般的に乳がん検診も含まれていて、バストの美容はもちろん健康や機能、乳がんなどに関して、一貫して検査を受けることができるでしょう。バスト専門クリニックを利用すると最先端の医療機器が完備されているので、手術した後も安心して生活することができます。
乳首に関してコンプレックスを持っている人も多く、悩みを解消することができます。

日帰りで手術することができます

陥没乳頭の治療後、定期検診を受けることができます。
傷跡が目立っていないかや、授乳を希望する場合授乳ができる状態などを中心に診察していきます。定期検診には通常乳がん検診なども含まれているので便利です。バストについて気軽に相談することができ、アフターフォローも受けることができます。
陥没乳頭の状態や希望にもとづいて、医師が手術方法をいくつか提案してくれます。
一般的な手術の流れとして、局所麻酔を行うことが始まり、診察時に決めた方法において行われ手術時間は30分です。手術した後はクリニック内で安静にし、基本的に入院しないでそのまま自宅に帰ることができます。
公共交通機関を使うことも可能で、帰宅した後も緊急サポートを受け付けているので便利です。
日帰りで利用することができるので、仕事帰りに利用する人も中にはいます。激しい運動などをしないなら、日常生活を通常通りおくることが可能です。手術したことを誰にも気づかれずに過ごすことができ、きれいな形状に整えることができます。

傷は目立たなくなります

手術した後、数回バストの美容や健康・機能などをチェックするため経過観察を行います。定期検診を行いながら、乳首やバストの美容面などに変化はないかや、健康や機能などが維持されているかなど確認することが可能です。
短い手術時間で済ますことができ、入院する必要もありません。通院する回数は手術する前に1回ぐらいで、手術した後2〜3回でしょう。
手術した後の腫れや内出血・痛みなどに関して、腫れや内出血などは2週間程度でおさまり、痛みは1〜3日でなくなります。痛み止めを処方してくれるので、夜ぐっすり眠ることが可能です。傷跡は乳首の根元などに少し残りますが、乳首や乳輪などと同化するので次第に目立たなくなります。時間の経過と共にほとんど分からなくなるでしょう。
手術した後の生活に関して、シャワーは2日後から行うことができ、入浴は1週間後から行うことが可能です。
激しいスポーツは3週間後ぐらいがおすすめで、陥没乳頭の治療は保険が適用されるケースがあります。最終的には医師の診断によるので、一度相談することをおすすめします。

まとめ

へこんでいたりくぼんでいる陥没乳頭に悩んでいる人は多く、赤ちゃんへのお乳を上げることが困難なケースがあります。
乳腺炎になるリスクがありますが、手術で改善することが可能です。短時間で施術することができ、乳首や乳輪などと同化していくので傷跡も目立ちません。乳首のコンプレックスを解消することができ、保険が適用される場合もあるので便利です。
赤ちゃんのために手術を受ける人が増えています。